私が現在はまっている美容法、それはウォーキングと日光浴です。美容と健康のためになにもしていないというかたは、少ないくらいかとおもいますが、私が最近特に心がけているのは、散歩がてら歩くこと、そして日光浴です。現代社会では、本当にストレスが多い。

そしてスマホの普及により、細かな文字を長時間みつめることが、最近では増えてきたという人は多いとおもいます。スマホだけでなく、タブレットを使う人もいるとおもいますが、これも文字がかなり小さく、長時間つかっているとかなり目が疲れる。目のまわりが凝って、痛みを感じることもあるんじゃないでしょうか。パソコンやタブレットスマホに向かうときの姿勢もまず、ほめられたものではありません。自然に前傾姿勢になってしまいますよね。

そんな姿勢がつづけば、猫背にもなろうというもの。さらには腰痛にもなってしまいます。そうならないためには、適宜に休憩をいれるのが良いのですが、これがなかなかです。根気のいる読書とちがって、よくわからなくなったところで立ちあがり、お茶をいれる、トイレに立つなどをすると気分転換にはなりますが、それまでの集中は切れてしまうので避ける人もいるんじゃないでしょうか。

ですので私はタブレットの画面を見すぎて疲れる前に、散歩にでることにしています。散歩、つまりウォーキングです。これなら、子どもを連れて遊びながら、することが出来ます。特別の仕度をするわけではありません。普段の服装のままで普段のくつで、歩きます。

いきさきも自由。近所のコンビニのときもありますし、すこし遠くの公園のときもあります。近所のスーパーのときもコンビニのときも。とにかく立ちあがり少し歩くだけで気分転換になります。ほんの10分のときもありますし、公園を起点に1時間以上のコースを歩くときもあります。
公園で日光浴
そして公園では、日光浴。この季節の公園はすてきです。天気のよい日でしたら、太陽のめぐみをからだいっぱいうけとることができます。日焼けの心配はありますが、あたたかい日差しをからだに浴びていると、なんだか幸せな気分になってくるから不思議。緑を眺めるのもオツなものです。

というわけでゴールデンウイークは、のんびり公園ですごしたりして、ゆっくりしました。そうしたところ、日頃から気を張っていて疲れていたのか、こわばっていた顔の筋肉がほぐれました。日光浴は、美容によいのです。
笑顔美人になりたかったら、ただひたすら自然のなかでのんびりしてみましょう。こわばった心と顔の筋肉がほぐれることまちがいなし。

ではウォーキングと美容の関係はどうでしょうか。歩くことは、全身の筋肉の8割をつかうといわれています。ぶよぶよになりがちがな体型をひきしめるのには効果的で、これも美容には最適。それに、特に負荷のかかる運動ではないので、気軽にはじめられます。
目安は1日40分といわれます。一度に10分である必要はありません。15分を2回、10分を1回でもよいではありませんか。もちろん、連続して40分ならいうことはありません。これくらいあるけば、どんよりとした心も晴れてきます。

なぜなら、散歩のようなリズミカルな運動には、うつをなおす効果があるといわれているからです。美容にもよく健康にもよい、ウォーキングの効用ははかりしれないといえるでしょう。はきやすいくつを用意して、ウォーキングをはじめてみませんか。